« 感涙 | トップページ | 蒲田行進曲フェスタ2012 »

2012年4月 6日 (金)

自分の動機の源泉を探ってみる

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日までの新入社員研修で休憩時間に「どうやってモチベーションを保っているんですか?」という質問をいただきました。

おそらく講義や懇親会の席上で「今、仕事が楽しくて仕方がない!人生が楽しくて仕方がない!ストレスを感じることがない!」という話をしていたからでしょうか。

 

そこで改めて自分の動機の源泉は何なんだろう?と考えてみました。

思い浮かぶのは

・誰かに必要とされていたい

・「ありがとう」と言われたい

・「あなたのおかげで、○○できました」と言われたい

・目立ちたい

・カッコイイ!と思われたい(女性に限らず)

・自分にしかできない何かをしたい

・負けたくない(勝ちたい)

・最善を尽くしたい、力を出し切りたい

・成長を実感したい

・自分で決めたい(人にとやかく言われたくない)

こんなところでしょうか。

 

このどれかが実感できそうなとき、自分はモチベーションが高まります。

そして実感できたとき、「めっちゃ楽しい!」「生きててよかったぁ!」と思います。

ちなみに、自分の動機の源泉を探るのにはエニアグラムが有効です。

エニアグラムの詳細は書籍に譲るとして

9つの動機―自分のタイプを探り、他人の行動の心理を読む

「自分を知る」という意味で、自身がどのタイプなのか知っておくのも一考です。

試したことがない方はぜひ。

ちなみに、私のタイプは1が最も高く、3、5、2と続きます。

反対に低いのは、ダントツで9。そして7、4と続きます。

 

しばらくは、モチベーションや自己啓発に関連した内容を書いていこうと思います。

もちろん、子どもネタも。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

« 感涙 | トップページ | 蒲田行進曲フェスタ2012 »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の動機の源泉を探ってみる:

« 感涙 | トップページ | 蒲田行進曲フェスタ2012 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック