« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

コーチングの勉強会

こんにちは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は、習志野青年会議所のメンバーの方々に「コーチングってどんなものなの?」といった内容のミニ勉強会の講師をさせていただきました。

何でも来月・再来月とコーチングの大物をお呼びした講演会を開催するそうで、そのプレ勉強会をということで、仲間の中小企業診断士からお声がけをいただきました。

短い時間ではありましたが、基礎的な知識やスキル、心構えなどをテキストにまとめ、ポイントをお話しさせていただきました。少しはコーチングに対する理解を深めていただけたのではないかと思っています。

 

今回、青年会議所のみなさんと初めてお会いする機会をいただいたのですが、会員の年齢が20歳~40歳までということもあり、みなさんバイタリティに満ち溢れた魅力的な方々でした。ご自身のビジネスを抱えながらも、地域の活性化に向けてエネルギッシュに献身されている様子を伺い、私もたくさんのエネルギーをいただきました。

同年代ということもあり、勉強会後の懇親会後も意気投合することができ、とっても有意義な時間を過ごさせていただきました。

年齢が近くバイタリティ溢れる方々と接することは大きな刺激になりますし、自分もがんばらなくては!と思います。

 

懇親会では、会員様が経営される焼肉店で、とても美味しいすき焼きをご馳走になった上、帰りは自宅まで車で送っていただくなど、至れり尽くせりのおもてなしを受け、感激しております。

ご参加いただいたみなさま、ご紹介くださった中小企業診断士のKさん、本当にありがとうございました!

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月27日 (火)

連休明けからバタバタと

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

ありがたいことに、連休明けからバタバタと忙しくなりそうです。

ゴールデンウィークは仕事から離れて、越後湯沢でのんびりと遊んでくるつもりでしたが、そうも言ってられなくなってきました。

とはいえ、家族サービスも重要なので、仕事道具一式を持参しての旅行となりそうです。

比較的余裕のあった4月中に、先手先手で作業を進めておいて良かったです。

6月以降はフル稼働が続きそうな予感。良い流れが来ています♪

この流れを断ち切らないように、1つ1つの仕事に集中して期待以上の成果を残していかなくては。

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月26日 (月)

視覚に訴える

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

先日受講したPBM経営理論の講義の中で「行動しか成果を生まない。その行動は納得から生まれる。コンサルタントは、クライアントの納得を得るために、視覚に訴えるツールを提供することが重要である。」旨のお話がありました。

自分のコンサルティングを振り返ってみると、視覚よりもまだまだ聴覚に訴えている方が多い気がします。

そのため、今日はこれまで自分が提供してきたコンサルティング・ツールの一部を見直し、直近のコンサルティングに使う資料を文字主体(聴覚志向)のものから図表主体(視覚志向)のものに作り直してみました。

これで前回お渡しした資料の理解も深まるはず。

次回訪問時、実際にお渡ししてみての反応で検証してみたいと思います。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月25日 (日)

イベント

イベント
イベント
こんにちは。
役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

日曜日の今日は仕事からは離れ、日曜日のパパ業に専念しました。

午前中は多摩川で開催されているボート教室に初参加。
1時間ほど川に入ってボートを漕ぎましたが、結構体力を使うためよい運動になります。
また、普段見なれた景色も川から見ると違った風景に見えるから不思議なものです。
天気もよく、キラキラ光る水面を時折魚が飛び跳ねる姿を見ながらのボート漕ぎは、はまりそうです。

11月に大会かあるらしく息子は出る気まんまん。11月じゃ寒い気がするけど。

午後はそのまま、毎年開催されている多摩川ガーデンパーティーへ。昔遊びや動物に触れ合える子ども向けのイベントです。

流石に一日子どものイベントに付き合ったので疲れました。

2010年4月24日 (土)

スペースを空けておく

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

独立1年目、スケジュールが空いていると、非常に不安でした。

しかし、スケジュールが埋まっているというのも実は善し悪しで、精神的な安定感や安心感は得られるものの、本当にやりたい!と思った仕事の依頼が来たときに断ざるを得ず、チャンスを逃してしまうリスクがあるのです。

そんな経験から、独立2年目は、不安な気持ちを持ちながらも、「毎週●曜日は■■の仕事」というものを極力減らし、あえてスケジュールにスペースを空ける(無理くり仕事を入れ込まない)ようにしました。

正直スケジュールが埋まっていないと、このまま仕事が来ないんじゃないか・・・と、とても不安になります。

しかし、不思議なもので、「待っていれば、必ずやりたい仕事の依頼は来る」ものです。

根拠は全くないのですが、そうなのです。

先日、先輩の診断士とも話をしていて「そうそう、上手くせつめいできないんだけど、そうなんだよねー」と共感していただきましたし、事実、今日も2件、「是非やらせてください!」と即答した新たな案件依頼をいただきました。

もちろん、何もせずに待っているわけではなく、やりたいと思う仕事がいただけるよう努力をした上で待っているわけなのですが、この「待つ」心の余裕が大事なのかもしれません。

この心の余裕が生まれたことで、最近は良い歯車が回り出した感じがしています。

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月23日 (金)

PBM経営理論

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日から半年間・6回に渡り、中小企業の創業・再生支援グループの代表理事を務められている税理士の森井義之先生の勉強会に参加させていただくことになりました。

昭和52年からの30数年間、中小企業の再生に特化したコンサルティング活動を行ってこられた森井先生の豊富な経験と実績に裏打ちされた生のお話を聞くことができる機会などそうそうありません。半年間、みっちりと学ばせていただきたいと思います。

本日は、中小企業診断士がコンサルティングを行う上での心構えと考え方について、実例を交えたお話をいただきましたが、その経験に裏打ちされた言葉の1つ1つに大きな重みを感じました。

詳しくは書きませんが、今日のお話を通じて、自分が目指している中小企業診断士としての「あるべき姿」は間違っていないと確信したと同時に、一生、勉強と研究を続けていくぞ!と決意を新たにしたところです。やはり、「やり方」ではなく「あり方」が大事。

自分が描いている、そして社会から必要とされる「あるべき姿」目指して、がんばります!

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月22日 (木)

東京都地域中小企業応援ファンド

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は、大変お世話になっている先輩中小企業診断士の方のご紹介いただいた「東京都地域中小企業応援ファンド」に係る業務で町田商工会議所を訪問しました。

6月から、この事業の「地域応援ナビゲータ」として、経営相談や地域資源活用型ビジネスの掘り起こし業務に携わらせていただくことになりました。

私にとっては新たな分野の仕事になるため、今からワクワクしています。

新たな機会をくださった中小企業診断士の先輩と町田商工会議所の担当者さまに感謝です!

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月21日 (水)

支援先のホームページがオープン

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は支援先でのコンサルティング。

これまで私が手を動かしやってきた経理業務を社長夫人に移行するためのコンサルをしてきました。

PCや経理のことには明るくないとのことなので、しばらくは一緒に手を動かしながら徐々に移行をしていこうと思います。

 

さて、その支援先ですが、自社ホームページをオープンしました。これまで自社ホームページを持っていなかったのですが、新規取引先の開拓に向け、まずはホームページをということで一緒に取り組んできました。

ブログやツイッターを表示させる機能を付加しましたが、あとは無料テンプレートを利用したシンプルな作りになっています。

これならPCに不得手な方でも労せず更新ができます。

是非、覗いてみてください。

有限会社 宇野製作所

当社は精密板金の加工を行う製造業で、今の社長で3代目になります。

事務機器や金融関係の機械部品を作成する「ものづくり」の社です。

小回りの良さを活かし、小ロット・短納期・高品質の仕事で大手・中堅企業とも直接取引をしています。

試作品の製作も行っていますので、新たな取引先をお探しの企業様はご連絡を!

 

また、新たに自社ホームページを簡単に作りたいと思っている企業様がいましたらご連絡を!大田区・川崎市内の企業様は特別に無料で相談に乗りますよ!

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月20日 (火)

マンガで漢字練習

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

最近、息子がマンガを読むようになってきました。

学校の宿題もやっているし、マンガ以外の本も読んでいるので、うるさく言うつもりはないのですが、あんまりマンガに熱中してしまうと家族の会話が少なくなってしまうので(声をかけても耳に届かないので)、ちょっと思いつきで試したことがあります。

ちょっと意地悪なのですが「そんなに熱中して読んでるんだから、マンガの中に出てくる漢字くらい、ふりがながなくても読めるよね?」と、マンガを題材にした漢字テストをやってみました。

ここ数日で、息子がはまっているのは「名探偵コナン」(ブックオフで100円で買ってきました)

会話の吹き出し部分のふりがなを隠して、「これ何て読む?」と聞いてみると、習っていない漢字を含め、結構な割合で正解します。

例えば「喧嘩」「順位」「懸命」「船底」「恋愛」などなど。

習ってないのにすごいじゃん!と褒めると、「さっき読んだから覚えてるんだよ」とさらりと言うけど、まんざらでもない様子。

本人もクイズみたいで面白かったのか、それ以来「パパ、漢字テストやってよ」と毎日言ってきます。

これは楽しく学べる新しい勉強法かもしれない。(ちょっと違うか)

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月19日 (月)

初心に返る

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は終日、企業が研修の一貫として導入している通信教育の添削をしていました。対象は新入社員さん。

添削するためには、こちらもテキストを読んでおかなければならいのですが、テキストを読みながら、今さらですが初心が大事だなと改めて思いました。

テキストには、

「仕事には目的がある」

「付加価値を生む仕事をするためには」

「チームワークが仕事のカギ」

「納期厳守」

「基本こそプロの本質」

などなど、社会人として仕事に取り組む際の心構えが書かれています。

改めて見ると、とても重要なことがたくさん書いてあり、自分を振り返ってみると「当たり前」と思うようなことが、実はできていなかったりします。

プロのスポーツ選手でも毎日、基礎練習は欠かさないといいます。

仕事も同じで、ついつい新しいことに眼が行きがちですが、意識的に初心に戻る機会を設ける必要がありますね。

常にフレッシュな気持ちで仕事に取り組まなくてはいけません。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月18日 (日)

これも健康志向の高まりか

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

私は昔から身体を動かすのが大好きで、今でも極力、週2~3日は何かしらの運動をする時間を確保するように心がけています。

今日も夕方の空き時間を使って小1時間ほど走ってきました。

最近、暖かくなってきたこともあり、ジムのトレッドミルで走るのではなく、多摩川沿いの土手をランニングするようにしています。

天気の良い日はグラウンドで野球やサッカーをやっている少年たちの姿や川の流れを横目に見ながら走ることができるので、非常に気持ちが良いです。

そして、その後のビールが非常に美味い(笑)

 

ところで、今の住居に越してきて7年前からこの多摩川沿いのランニングを続けているのですが、ここ数年、ランニングをする人の数が非常に増えてきたように感じます。

特に、バリバリの体育会系のお兄さんではなく、「ヘルシア緑茶飲んでます?」といった感じの中年男性が増えてきたように思います。

最近の健康ブームの影響でしょうか?皇居周辺とは言わないまでも、多摩川沿いもじわじわとランニング&ウォーキング人口が増えています。

道幅が狭いので、個人的にはあんまり増えると走りづらくて嫌なのですが。

ただ、健康維持のためには、「運動・栄養・休養」が必要だと言われているようなので、運動する人が増えると言うことは、膨らみ続ける医療費抑制のためにも非常に良いことです。

私も、腹の出た中年にならないために、引き続き、継続的な運動を心がけようと思います。

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月16日 (金)

危機意識の違い

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

あたりまえのことですが、経営者と従業員では危機に対する意識が大きく異なります。

個人的な感覚ですが、会社が「赤字」である、あるいは「負債(借金)」を抱えているという事実に対して、多くの従業員の方は自分事として捉えていません。

赤字や借金があるという事実すら知らないこともありますし、仮に知っていたとしても、将来に対する不安を感じる程度で、「全てを失う恐怖」というものは感じていないと思います。

一方、経営者(特に中小零細企業の)は、個人資産を担保に入れて銀行からお金を借りながら事業を回しています。会社存続のため、あるいは従業員の給料を支払うため、時には私財までをも投入していきます。

仮に会社が倒産しても、従業員は職を失うだけで済みますが、経営者は借金返済のために自宅から何から何まで全てを失ってしまいます。

私は従業員を雇っているわけではありませんし、職業がら借入をする必要もないので、本当の意味で経営者が抱える「恐怖」を理解できるとは言えないのかもしれません。しかし、経営者がそういう恐怖を抱えていることは理解した上で、どの経営者とも対峙するようにしています。

 

翻って、私がかつていた公務や政治の世界。

国や地方が抱える莫大な借金に対して、どれだけの政治家や公務員が当事者意識を持てているか。

役所の中でも「経営感覚を持て」と叫ばれていましたが、経営感覚を持つということは「経営知識」や「コスト意識」を持つことではない気がします(大事なことではありますが、そんなものはあって当然)。「失敗したら全てを失う恐怖と闘う」ことではないかと思うのです。

どんなに借金を抱えていようと、自分がお金を借りているという認識は、おそらく誰1人として持っていないでしょうし、税収が低くても身分や給料は保証される。そりゃ借金は増えますよね。だって、借りても返すのは自分じゃないんだから。

ちなみに、公務員時代の私がそういう意識を持っていたかというと「全く持っていなかった」ので偉そうなことは言えませんし、そもそも中小企業の経営者と比べること自体がナンセンスなのかもしれません。

が、昨今の政治や行政を見ているとついつい吠えたくなってしまうのです。

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月15日 (木)

今日は終日アウトプット

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日からずっと、経営者向けの勉強会で使うコーチングのテキストを作っていました。

今までもコーチとしての活動も細々と続けていたのですが、これまでコーチングをテーマとしたセミナーや研修などは行ってこなかったため、インプットはできていてもアウトプットはほとんどできていませんでした。

今回、これからコーチングを学ぶ(知ってもらう?)人向けのテキストを作成したことで、今までインプットしてきた知識やスキルを今一度体系的に理解することができました。

分かっているようで、実は分かっていなかったことが結構ありました。

ある分野を自分のものにするためには、インプットだけでは足りず、アウトプットすることが大切だと言うことを改めて認識したところです。

話すことで再度耳からインプットできるし、書くことで眼から再インプットできるので一石二鳥です。

理解が浅いものについては、とにかく人に話してみたり書いてみることが、理解を深めるためにも有効です。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月14日 (水)

経営理念と行動指針

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

  

昨日受けたコーチングセッションを通じて、いち個人事業主ではありますが「経営理念」と「行動指針」を策定することにしました。

これから様々な人や仕事とご縁をいただくことになるかと思うのですが、自分自身の確固たる価値機軸を持っておきたいと思ったためです。

まずは、自分自身で考え、アウトプットしてみて、コーチとのセッションを通じてブラッシュアップしていこうと思います。

道のりは長いですが、そろそろ私も「労働者」から「経営者」へと脱皮をしていかなくてはなりません。

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月13日 (火)

HDDを購入

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今さらながらバックアップ用にポータブルのHDDを購入しました。

今までは、8GBのUSBメモリに都度、データをバックアップしていたのですが、容量オーバーになってしまったため、320GBのHDDを購入しました。

価格も6000円代と一昔前では考えられない価格です。

あとは自動バックアップできるフリーソフトを探して、設定すればいつデータが飛んでも大丈夫。

現在のPCも2年が経過。備えあれば憂い無し、です。

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2010年4月12日 (月)

執筆

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

先日、尊敬する先輩の中小企業診断士の方から、独立後はじめて記事の執筆依頼をいただきました。

昨日、無事納品し、6月頃には掲載されるとのことなので楽しみです。

これを機に、今期は「書く仕事」にも力を入れようと思うようになりました。

「書く仕事」といっても「記事を書く」ことに限らず、文字を通して人の「気づき」を促したり、「モチベーションアップ」につながるような仕事がしたいので、通信教育の添削指導や研修の個別フィードバックレポートを書くような仕事の比率を増やしていこうかな、と思う今日この頃です。

2010年4月11日 (日)

模様替え

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

暖かくなってきたこともあり、部屋の模様替えを行いました。

といっても、リビングのカーペットをと寝室の掛け布団を替えただけですが。

それでも、カーペット1つ取り替えただけでも部屋の雰囲気がかなり変わります。

気分転換にはちょうど良いです。

2010年4月 9日 (金)

久しぶりのブレスト

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は中小企業診断士数名が集まり、ブレーンストーミングを行いました。

FreeMindをプロジェクターで映しながらワイワイガヤガヤとアイデアを発散するプロセスは、非常に楽しいものです。

今日も短時間で非常に多くのアイデアが出てきました。

診断士が集まると話が進む進む(自画自賛)

   

ところで、ブレストというと「質より量、批判厳禁、相乗りOK」などのルールがありますが、そのルールが共有されていると多くのアイデアをアウトプットすることができます。

しかし、多くのブレスト(特に組織内)では、このルールを確認していても「それはないでしょ」という批判的な意見が出てきたり、影響力を持った人(多くの場合は上司)が結論を誘導していく場面が多々見られます。

なぜか?私が思うに理由は1つ。答えを持った上司が参加しているから。

上司司会のヒアリングは、ブレストではありません。

組織内でブレストを行うときは上記ルールに「上司をメンバーに加えない」というルールも追加してみてはいかがでしょうか。

もちろん、ブレスト後のフィードバックと意思決定を仰ぐことが前提になりますが。

2010年4月 8日 (木)

フリーダイヤル&ボイスワープ

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

自宅を事務所にしている1番の悩みは、連絡先として自宅の電話番号を積極的に公開できないことでした。お客さまからの電話に子どもたちが出るなんてことになったら大変です。

また、ホームページに携帯電話の番号を問い合わせ先として掲載するのもちょっと・・・ですし、かといって、テレフォン秘書サービスを利用するほど、新規の問い合わせがあるわけではありません。

そこで、目を付けたのがフリーダイヤル。そして携帯電話に転送できるボイスワープ。

お客さまがフリーダイヤルを回せば、自分の携帯に電話が自動的に飛んできます。

営業時間の設定も可能で、時間外にかかってきた電話には音声ガイダンスが対応してくれます(やや素っ気ないですが)

設定もいたってシンプル。転送設定をし忘れても、遠隔操作が可能です。

また、フリーダイヤルということで、怪しさを感じさせない(何となくですが)のも良いです。

 

既にやられている方も、たくさんいらっしゃるでしょうが、コストも月額2500円程度で済みます。

実際の受注活動につながるかどうかは未知ですが、自宅事務所で電話番号をオープンにしたくない方にお薦め?です。

2010年4月 7日 (水)

死について考える

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

「巨人・木村拓也コーチ死去」のニュースには大きなショックを受けました。

昨年まで現役プロ野球選手。健康には人一倍気をつけていたことと思います。

それなのに、37歳という若さで亡くなってしまいました。正直、人ごとだとは思えません。

私自身、現在35歳。健康診断等でひっかかったことは一度もありませんし、健康には人一倍気を遣っているつもりです。

それでも、ある日突然・・・ということもあり得るわけです。

 

今まで、全くといって良いほど「自分の死」について考えたことなどありませんでしたが、今日は考えさせられました。

だからといって結論はないのですが、仕事に限らず、子どものこと、妻のこと、仲間のこと、自分のこと、月並みですが悔いのない人生を送りたいと改めて思いました。

2010年4月 6日 (火)

ホームページをリニューアル

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

2年ぶりにホームページをリニューアルしてみました。

フリーダイヤルの番号を取得したのでオープンします。

内容の善し悪しは置いておくとして、コーチングのみのホームページだったものにコンサルティングやセミナーの内容も加えてみました。

このホームページ経由で問い合わせが来るのは、いつのことになるのか分かりませんが、地道にSEO対策なんかをやっていきたいと思います。

 

それにしても、以前に比べてホームページの作成が楽になりましたね。

2010年4月 5日 (月)

行動の動機は人それぞれ

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

コンサルティングやコーチングにおいて、「クライアントの成果に向けた自発的行動」を引き出すことは、私にとって非常に重要なテーマとなっています。

心理学では「全ての人の行動には、意識的な目的と無意識の動機によって決定される」とされています。

そのため、クライアントの行動目的や動機を探っていくというプロセスは極めて重要だと考えています。

とはいえ、行動の目的や動機は人それぞれ異なりますし、どういうアプローチで提案や助言をすることが、クライアントの成果につながるのか。それを探る一つのヒントとして、年明けからエニアグラムの研究を始めました。

エニアグラムの有効性については賛否両論あるようですが、クライアントの「やる気の源泉」あるいは「やる気を下げる要因」を探る上で、有効なのではないかと思っています。

エニアグラムとは、「古代アフガニスタン王家に代々伝えられてきトップリーダーのためのコミュニケーションスキル、マネジメントスキル」であり、「人の気質を9つに分類し、人は生まれながら9つの気質のどれかに属し、それは一生変化しない」としています。

そして9つの気質ごとに、「基本的な傾向」や「行動の動機」「避けていること」など特徴があると言われています。

その9つの特徴ですが、ざっくり述べますと

・タイプ1「完全を求める人」:完全主義。高いハードル。厳しさを感じさせる。

・タイプ2「助ける人」:良く人の世話を焼き、心が温かく優しい。

・タイプ3「達成する人」:何事も手際が良い。挑戦意欲が強く、ゴールを目指す。

・タイプ4「個性を求める人」:独創的なアイデアに富む。繊細で傷つきやすく、自分の世界に浸る。

・タイプ5「観察する人」:冷静で分析好き。論理的思考の持ち主。クールでドライ。

・タイプ6「忠実な人」:誠実。慎重で節度をわきまえている。

・タイプ7「熱中する人」:明るく社交的。陽気で楽観的。

・タイプ8「挑戦する人」:パワフル。大胆に行動する。

・タイプ9「平和を求める人」:包容力のある人。おっとり穏やか。癒し系。

というものです。

ちなみに私はタイプ1の要素が最も高かったです。次にタイプ5。確かに当たっている気がします。少なくともタイプ2やタイプ9ではないことは確かなようです。

 

しばらく研究を続けてみますが、勉強のための勉強にならないよう、コンサルティングやコーチングの実務に活かしていきたいと思います。

2010年4月 3日 (土)

オンオフのメリハリが大事

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は身体的には仕事はしませんでしたが、頭の中はセミナーネタやら来週のコンサル内容やら今後の事業計画やらで常に回転しています。

オンオフのメリハリが大事だと言いますが、身体はできても頭の中は難しいですね。

嫁や子供たちが話しをしているときでも意識をしていないと、直ぐに自分の世界に飛んでいってしまいます。

「遊ぶときはとことん遊ぶ」「会話をしているときは、とことん会話を楽しむ」

円満家庭継続のためにも再確認しておかねば。

2010年4月 1日 (木)

新年度初日はコンサルティングから

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日から新年度がスタートですね。

私は個人事業主なので1月が期のスタートのため、仕事上はこれといった変化はないのですが、嫁の仕事の担当が代わったり、息子が来週から3年生になったり、娘が保育園で1つ上のクラスに上がったりと、家庭的には4月1日は1つの節目です。

 

なお、新年度初日の今日は、終日、支援先でのコンサルティングでした。

午前中は社長と一緒に、今後の営業戦略について議論。ともかく動きながら考えようということで、やるべきタスクを洗い出し、午後には着手。変化の流れを止めてはなりません。

午後は若手社員の方の話しを聞きながらアドバイス。こういったやる気のある若手社員は大事にしなくてはいけません。決してモチベーションを下げさせるような行動は厳に慎むべきです。

その若手社員の口から、「いやー、社長はやっぱりすごいですよ。流石だと思いました。グッと来ましたね!」半年前の出来事が忘れられないみたいですよ。

この若手社員の方の話しを聞きながら、私の尊敬する先輩の言葉を思い出しました。「会社の中で一番働くのが社長(質・量ともに)。でないと社員は絶対についてこない。」

やはり経営者は社員の見本であるべきです。当然、上司にあたる人も。

コンサルタントも同様です。私も率先垂範、行動(もちろん成果も)することで信頼を勝ち得ていきたいと思います。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック