« 「いつ切られてもおかしくない」と思って仕事に取り組むことが大切 | トップページ | たまには地域行事にも参画しないと »

2010年1月30日 (土)

来週末のセミナー資料が完成

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

来週末、富山県中小企業団体中央会が主催する「短期集中創業セミナー」に、私が所属しているエキスパート・リンク株式会社の講師として登壇してきます。

昨日行った模擬講義の際にいただいたフィードバックを反映させ、テキストを完成させることができました。

ちなみに、私は研修やセミナーの講師としてお話しする際、私は最低5回は練習をします。

講師によっては、全く練習をせずとも、その場の空気を敏感に察知しながらアドリブでやられる方もいらっしゃるようですが、私はそこまで器用ではないため、「原稿など必要ない」と言えるくらいまで読み込み、話し込み、本番に望むようにしています。

私の経験上、これでもか!というくらい事前練習をしておくと、不思議なことに本番、殆ど緊張することがありません。話す内容が頭に入っているため、場の空気を感じながら進めることができてきます。

これは、モーグルやサッカー・フットサルといった長年の選手生活で培った経験則です。

もっと他に良い方法があるのかもしれませんが、「ここまでやったんだから負けても悔いはない(セミナーでは負けちゃだめなんですが)」と思えるところまで練習する習慣が身に染みついているのかもしれません。

ひょっとしたら、効率的にこなしても結果は変わらないのかもしれません。でも、それができない。

良くも悪くも「職人」なんだと自分で思います。

« 「いつ切られてもおかしくない」と思って仕事に取り組むことが大切 | トップページ | たまには地域行事にも参画しないと »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来週末のセミナー資料が完成:

« 「いつ切られてもおかしくない」と思って仕事に取り組むことが大切 | トップページ | たまには地域行事にも参画しないと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック