« 中小企業には実務支援が喜ばれる | トップページ | 「いつ切られてもおかしくない」と思って仕事に取り組むことが大切 »

2010年1月27日 (水)

新規事業開発支援

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は、地元大田区からお声がけをいただき、地元の中小企業を訪問してきました。

既存事業が縮小し、先細りが予想される中、何とかして新たな事業を立ち上げたいという経営者の熱いお話しを伺ってきました。

経営者に共通する特長なのでしょうか、とにかく話しがどんどん拡散していきます。それを要所で「それは、こういうことですかね。」ととりまとめていきながら、会話の内容を1つの形にしていきます。

「なんか、話していたらうまくいきそうな気がしてきた!」とおっしゃっていただきましたが、「言いっぱなし」も経営者に共通する特長(笑)。次回は一緒にパソコンを眺めながら、事業計画と行動計画を作成することになりました。言ったことはやらないと。

いわゆる中小(零細)企業の経営者とガチンコで携われるのは、中小企業診断士ならではかもしれません。サラリーマンコンサルタントではおそらくできないでしょう(収益的に)。正直、お金ではなくミッションでやる仕事です。

次回の訪問に向けて、がんばろう!

« 中小企業には実務支援が喜ばれる | トップページ | 「いつ切られてもおかしくない」と思って仕事に取り組むことが大切 »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新規事業開発支援:

« 中小企業には実務支援が喜ばれる | トップページ | 「いつ切られてもおかしくない」と思って仕事に取り組むことが大切 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック