« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

たまには地域行事にも参画しないと

たまには地域行事にも参画しないと
たまには地域行事にも参画しないと
こんばんは、役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

今日は地元自治会が主催する餅つき大会にボランティアで参加をしてきました。
30代は貴重な労働力らしくテント張りや机椅子の移動など肉体系の作業をお手伝いしてきました。

なかなか地域行事に参加することは難しいですが、普段顔を合わせても挨拶くらいしかしない方々(息子の同級生の親など)とも交流が深るなで、たまには良いなと思いました。

2010年1月30日 (土)

来週末のセミナー資料が完成

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

来週末、富山県中小企業団体中央会が主催する「短期集中創業セミナー」に、私が所属しているエキスパート・リンク株式会社の講師として登壇してきます。

昨日行った模擬講義の際にいただいたフィードバックを反映させ、テキストを完成させることができました。

ちなみに、私は研修やセミナーの講師としてお話しする際、私は最低5回は練習をします。

講師によっては、全く練習をせずとも、その場の空気を敏感に察知しながらアドリブでやられる方もいらっしゃるようですが、私はそこまで器用ではないため、「原稿など必要ない」と言えるくらいまで読み込み、話し込み、本番に望むようにしています。

私の経験上、これでもか!というくらい事前練習をしておくと、不思議なことに本番、殆ど緊張することがありません。話す内容が頭に入っているため、場の空気を感じながら進めることができてきます。

これは、モーグルやサッカー・フットサルといった長年の選手生活で培った経験則です。

もっと他に良い方法があるのかもしれませんが、「ここまでやったんだから負けても悔いはない(セミナーでは負けちゃだめなんですが)」と思えるところまで練習する習慣が身に染みついているのかもしれません。

ひょっとしたら、効率的にこなしても結果は変わらないのかもしれません。でも、それができない。

良くも悪くも「職人」なんだと自分で思います。

2010年1月29日 (金)

「いつ切られてもおかしくない」と思って仕事に取り組むことが大切

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

  

公務員時代、「いつクビになってもおかしくない」という危機感を持って仕事をしたことはありませんでした。(このまま、この仕事を続けていて自己成長が図れるのか?という危機感はありましたが・・・)

しかし、独立後は「いつ切られてもおかしくない」「ここで評価(満足)してもらえなければ、次がない」と、常に危機感と隣り合わせで仕事をしています。

精神的なプレッシャーを抱えながら取り組むのは、厳しい部分はあるのですが、これが結果として仕事の品質アップ、ひいては自己成長につながっているのだと考えています。

こういう危機感をもっているからこそ、研修にしても、コンサルティングにしても、準備に必要以上の時間を割くわけですし、いただいているフィー以上のことをしようと思うわけで、これが結果として、お客さまから認めていただくことに繋がるのだと確信しています。

こういう地道な努力の積み重ねが、いつか花開く時が来る。独立2年目、まだまだ「楽して儲けよう」などと考えないことです。

ついつい、楽な方に流れがち。自分への戒めとして書いておこうと思います。

2010年1月27日 (水)

新規事業開発支援

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は、地元大田区からお声がけをいただき、地元の中小企業を訪問してきました。

既存事業が縮小し、先細りが予想される中、何とかして新たな事業を立ち上げたいという経営者の熱いお話しを伺ってきました。

経営者に共通する特長なのでしょうか、とにかく話しがどんどん拡散していきます。それを要所で「それは、こういうことですかね。」ととりまとめていきながら、会話の内容を1つの形にしていきます。

「なんか、話していたらうまくいきそうな気がしてきた!」とおっしゃっていただきましたが、「言いっぱなし」も経営者に共通する特長(笑)。次回は一緒にパソコンを眺めながら、事業計画と行動計画を作成することになりました。言ったことはやらないと。

いわゆる中小(零細)企業の経営者とガチンコで携われるのは、中小企業診断士ならではかもしれません。サラリーマンコンサルタントではおそらくできないでしょう(収益的に)。正直、お金ではなくミッションでやる仕事です。

次回の訪問に向けて、がんばろう!

2010年1月26日 (火)

中小企業には実務支援が喜ばれる

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は終日顧問先にて、経理の自計化に向け、伝票の束と格闘してきました。

社長の知らないところで動いていた経理を、社長直轄下(といっても、社長と私しかいないのですが) に置くことで、リアルに収支と収益を把握できる仕組みを構築しようと、本格的に動き出すことにしました。

顧問税理士に電話をかけながら、ああでもない、こうでもないとやりながら、まずは会計ソフトに入力する前に必要な集計ファイルをエクセルで作成しました。

しばらくは試行錯誤しながら、手間がかからず効果の高いやり方を探っていくことになりそうです。

ここのところ、いくつかのコンサルティングの場面を通じて、マンパワーが圧倒的に不足する中小零細企業にとって、自分のPCスキルは、かなりの確度で役に立つことが分かりました。

PCの操作はもちろん、エクセルやアクセスをはじめASP、LAMPでの簡易なシステム構築は役所の実務を通じてやってきましたが、「趣味に毛が生えたオタクレベル」と思い、これまであまりアピールしてきませんでした。

しかし、これが結構な武器になりそうなので、今後の提案オプションとして持っておこうと思います。

使える経営資源は徹底的に使わなくては。

2010年1月25日 (月)

授業参観

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は日曜日でしたが、小学2年生の長男の学校公開だったため、1時限目の図工と2時限目の体育の授業を見てきました。

図工は凧づくり、体育は縄跳びとサッカー。

いずれも友達と仲良く楽しくやっていました。

サッカーは、私も飛び入り参加したい衝動に駆られてしまいました(笑)

ちなみに、最近の小学生は(息子の学校だけかもしれませんが)、男子も女子も名前(しかも呼び捨て)で呼び合うんですね。

軽いカルチャーショックでした。

 

日中はひたすらレポート作成。筆がなかなか進みません。。。

2010年1月24日 (日)

ネガティブ・フィードバックは難しい

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

相手の良いところを見付けて、褒めたり、フィードバックすることは、私自身非常に得意とするところなのですが、仕事柄、短所や欠点を指摘したり、相手にとってはネガティブなことをフィードバックしなくてはならない場面に多々遭遇します。

ズバリ思ったことをダイレクトに伝えてしまうと人間関係にヒビが入ってしまう恐れがありますし、オブラートに包んでしまうと本質が伝わらず本人のためになりません。

コーチングなどでは、よく「アサーティブに伝える」ことが大切だと言われていますが、ネガティブな情報は、遠慮なのか、気後れなのか、自己防衛なのか、自信のなさなのか分かりませんが、ついついオブラートに包んで伝えてしまいます。

相手の気持ちに配慮しながらも、言うべきことは言っていく、そんな心構えが今の私には必要なのかもしれません。

雑感でした。

2010年1月23日 (土)

講演依頼

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

初めて講演の依頼をいただきました。

30分と短い時間ではありますが、独立診断士としてどのような活動をしているかということを、コンサルタント志望の方々にお話しするという、なんとも身の丈にあっていない内容です。

依頼をいただいた時は「私じゃ役不足ですよ」とお断りしようかと思ったのですが、せっかくいただいた機会ですし、人前で話すこと自体は大好きなのでお引き受けしました。

この1年超の間、いろいろな意味で多くの経験はしてきていますので。

公務員を辞めて独立コンサルタントとして活動しているというだけで、あまり例のない話ですし、気負わず楽しく話してこようと思っています。

 

現在、研修後のフィードバックレポートの作成に四苦八苦しています。

効率を考えてやれば数時間で終わる仕事なのでしょうが「捨てられないレポート」となるよう、1人ひとりの顔を思い浮かべながら、「気づき」や「きっかけ」を与えられるような内容に仕上げたいと思います。

正直、この意識がどれほどアウトプットに影響しているのかは分かりませんが、自分のなかで中途半端が嫌なのです。職人根性ですね。

2010年1月22日 (金)

コンサルタントはチェンジ・エージェント

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

よく「コンサルタントは組織の変革代理人(チェンジ・エージェント)」と言われます。

実際にコンサルティング業務に携わるようになってみて、そのことを強く意識します。

いくらコンサルティングのプロセスが良くても、それが「成果」や「変化」として表れなければクライアントから評価はされません。

「よくやってくれているけど結果が出ない」では経営者は納得してくれません。

もちろん、結果が全てではないのでしょうが、プロセスだけでも不十分。

今年は、企業・組織に「変革」を起こせるコンサルタントとして、成果にこだわりたいと思います。

2010年1月21日 (木)

新たな引き合い

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日、宿泊研修の2日目が終わりました。

2日間ホテルに缶詰で早朝から深夜まで、という非常にハードな日程でしたが、やりきった感があります。

受講生のキャリアアップに向けた一助になっていれば良いなと思います。

 

さて、本日、新たな仕事の依頼が入ってきました。

早速アポイントをとり、来週経営者の方にお会いすることに。

いろいろな所に網を張っておいたかいがありました。

まずは、スポットでの対応となりそうですが、継続的なコンサルティングにつながるようにがんばってきたいと思います。

 

ちなみに今日は長男8歳の誕生日。

今日はこじんまりとお祝いして、休日に盛大にやりたいと思います。

それにしても年月が流れるのが早いです。

2010年1月19日 (火)

研修1日目終了

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

研修初日がさきほど終了しました。

これから明日の準備に向けてひと作業。

がんばります。

2010年1月18日 (月)

コンサルタントの支援スタンス

こんばんは。
役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

今日は顧問先の定期訪問で、顧問税理士事務所の方と経理の自計化に向けた打ち合わせを行いました。

年が明けてから、コンサルティングの場面において、従来にも増して自分自身が手を動かすことを意識しています。本来であれば支援先の方々にやっていただいた方が良いことも、まずは自分がやるということを心掛けています。
経営者からすると、社員の自発性やモチベーションが上がってから、など悠長なことを言っていられるほど経営環境は甘くはありません。

山本五十六ではありませんが、まずは自分が「やってみせる」ことが重要で、時には一作業員として手を動かすことが信頼や成果獲得につながります。

こういったスタンスは、採算を考えると「非効率」なのかもしれませんが、養成課程で講師コンサルタントから言われた「若いあなたたちがコンサルティングで効率性を考えていたら、絶対に経営者の信頼を掴めない」

この言葉を肝に命じて取り組んでいます。


明日は朝から、若手社員の宿泊研修の仕事です。
今から会場となる東京ティズニーリゾートが見えるホテルに向かいます。

2010年1月17日 (日)

新年初のコーチングセッション

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は、新年最初のコーチングセッションの日でした。

クライアントさんと今年一年をどんな風に過ごしていきたいか、仕事、家庭、健康に始まり、いろいろな話を1時間たっぷりと聴かせていただきました。

セッションを始めて、もう2年になるクライアントさんですが、毎回「月1回のセッションだけど、これが刺激や励みになっている。すごく大事な時間。」と言ってくださいます。

これはコーチとしてはある意味ダメなのかもしれませんが、ここ最近はコーチングセッションというより相互学習の時間を共有している感じです。

お互いの経験や仕入れてきたものについて質問し、意見を出し合う。

自分だったらこう考えるけど、あなただったらどう考える?と言った感じで。

クライアントさんは毎回新しい知識と話題を仕入れて、ぶつけてきてくれます。ですので私は最低その3倍の仕入をしておく必要があるわけです。

刺激を受けているのは、むしろ私の方かもしれません。

1時間という時間が毎回あっという間に過ぎていきます。私にとっても、非常に大事な時間です。

コンサルティングもそうですが、人と本気で向き合う仕事は、とてもやりがいがあります。

2010年1月16日 (土)

良い知らせが舞い込んだ一日

おはようございます。
役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

昨日は支援先の訪問日でしたが、担当の方とお会いするなり「今日は嬉しい報告があるんですよ」と。

「先週のセッションでやろうと決めた取り組みが早くも成果が出てきて、あれだけあったミスが○○分野でゼロになりました!」

正直、これには私もびっくりでした。これほど早く成果が出るとは思わなかったので、準備してきた次なる提案は半ば不要に。嬉しい悲鳴です。

担当の方も「いやー、やればできるんですねー。」と。
成果に対する達成感を共有できた嬉しい瞬間でした。
しかし、これからが本番。この成果を継続し、当たり前化するところまで支援するのが私の役目。次の課題解決に向けた取り組みにも踏み出しました。引き続き頑張っていきます。

またコンサル後には、経営革新計画の承認支援をしている支援先の社長から「今日、経営革新計画承認の連絡がきました!」 とのご連絡をいただきました。

嬉しい報告が立て続けに二件、ハッピーな一日でした。

この達成感が中小企業診断士である醍醐味のひとつであり、役所を辞めてまで独立したかいがあったと思うのです。

2010年1月15日 (金)

リサイクル市場に対する雑感

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

先日、使っていないスキーの板を某リサイクルショップに売却しに行ってきました。

ものはかなり良いもの(購入時はビンディング込みで8万円程度)だったのですが、使っておらず嫁からも邪魔だと言われていたため粗大ゴミで捨てようと思っていたところ、「捨てるのももったいないな」と思いリサイクルショップに持ち込んでみました。(選手時代は毎年1~2本スキー板を買い替えていたので、常時5本くらいスキー板を所有していました。)

値付けは雀の涙ほどでしたが、まだまだ使える板だったのでスキーシーズンまっただ中、誰かが使ってくれれば良いなと思い、引き取ってもらいました。

正直、その値段で引き取って、その価格で売るんですか?と突っ込みたくなりましたが、有料で処分するよりは良かったです。(こう思わせることが、リサイクルショップ側のKFSなんでしょうね)

 

ここ数年、リサイクル市場は活発ですよね。我が家もフリマやブックオフ、ヤフオクなどで子ども服などを破格の値段で買っています。一方、頂き物で趣味が合わなかった(失礼)ブランドものの子ども服などは、フリマやヤフオクでそこそこの値段で売れています。

「高くても、フリマやヤフオク、リサイクルショップで売れるなら」

こう思えば、ギフトにしろ自宅用にしろ、購入動機の1つにはなり得ます。

さすがにユニクロや西松屋で買った子ども服を売ろうとは思いませんが(新品を買いますよね)、ミキハウス、ファミリア、ミニKなどは、市場でのリサイクルが十分可能です。

これらのことから、高額子ども服市場にとって、リサイクル市場の拡大は、追い風とも取れるのではないかと思います。

視点はちょっと違いますが、家や車も「いざとなれば売れる」と思うから新築・新車を購入するということにも関係してくるのかなと思うわけです。

一方で、リサイクル市場があまりにも広がりすぎると、新しいモノが流れなくなるという懸念もあります。

ですので、一概にこうだということは言えないのですが「高くても、後で売れるなら買っても良いかな」と思わせること、この視点を販促に活かせないかな?なんてことを思い出のスキー板を売りながら考えていました。

雑感でした。

2010年1月14日 (木)

来年度の業務受注活動が本格化してきました

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

年明けから、平成22年度業務の受託活動が本格化してきました。

昨日も1件、提案書を提出してきました。

受注の可否が収益に直結してきますので、当然気合いも入ります。

プレゼンが楽しみです。

既存業務の品質を維持しながら、確実に受注につなげていきたいものです。

 

今日は終日、来週の研修準備をします。

2010年1月13日 (水)

最近、鍋にはまっています

こんばんは。
役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

最近、鍋にはまっています。
寒いこの時期、温かいし、野菜も摂れるし、ビールも美味しいし。
家族で鍋を囲む夕食はちょっとした贅沢です(経済的ではなく気持ち的に)

スーパーに行くと味噌、醤油、塩以外にも、トマト、カレー、豆乳とバライティにも富んだスープの素が並んでいます。
いろいろありますが、個人的にはベーシックな醤油味が好きです。

アラフォーまでは、まだ少しありますが、栄養・運動・休息と、今年も健康に留意しながら頑張っていきたいと思います。

2010年1月12日 (火)

冬の雪山は最高です

冬の雪山は最高です
こんばんは。
役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

今日は少しだけ仕事からも家族サービスからもちょっとだけ離れてスキーを楽しみました。

天気もよく自然の景色を楽しむことができました。
急斜面をかっ飛ばして滑り降りたり、リフトに乗りながらカモシカを見たりしているとストレス解消になります。

こういう時間も必要です。

2010年1月11日 (月)

人のブログから我が身を振り返る

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

朝、昼、晩と、仕事の空き時間や休息時間、移動時間などの利用して、人のブログをチェックしています。

先輩の診断士であったり、友人であったり、ベンチマークしているものであったり。

今日は、チェックしているブログの中から非常にドキッ!とさせられる内容がありました。

誰のブログか、どんな内容かはあえて書きませんが、自分の仕事に対する取組姿勢としてきちんと踏まえておかねばならないものでした。

人のブログを拝見しているとまれに「これって自分のこと言われているのかな?」と「ドキッ!」としてり「ハッ!」とすることがよくあります。

独立すると、組織に属していた時に比べフィードバックを受けることが格段に減ってきます。

もっと多くの事象から自分で「気づき」を得ていかねばなりませんね。

2010年1月10日 (日)

スキー場の今後を憂う

おはようございます。
役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

毎年スキーにきて思うのですが、来場者の少なさが気になります。

三連休にも関わらずリフト待ちゼロ。
ベースとしているスキー場も経営が度々代わるなどスノースポーツは明るい話題が聞かれません。

バンクーバー五輪で盛り上がってくれると良いのですが。特にモーグル業界。
長野五輪後数年の盛り上がりが懐かしい。

2010年1月 9日 (土)

3連休は越後湯沢オフィスにて

おはようございます。。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

この3連休は新潟県湯沢町にある友人とシェアしているマンションで過ごします。

もちろん、PC持込ですが。

昨日の夜、支援先でのコンサル後に、家族と車で出発し、午前1時過ぎに到着しました。

1000円高速はありがたいですね。家族4人でも練馬-湯沢が1600円!

深夜なのでノン渋滞でしたし。

 

最近、旅行先でもPCを持ち歩くことが習慣になってしまっています。

もちろん家族サービス時間中はPCは出しませんが。

基本的に早朝・深夜に仕事をし、日中は思い切り遊ぶ。

ワーク・ライフ・バランスというか、メリハリのきいた生活が送れています。

 

今日はこれから中里スキー場で、長男にスキーをコーチしてきます!

2010年1月 8日 (金)

平成21年期決算作業完了

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

一昨日、平成21年期の決算を締めました。

小まめに会計処理を行っていたため、比較的早期に完了することができました。

あとは確定申告の時期に申告を行えばOKです。

 

顧問先に「翌月5日までには月次の決算が把握できるようにしておきましょう」と言うためにも、自分自身ができていなければ説得力がありません。

個人事業主でコンサルティング業のため、売上も経費の仕訳もそれほど煩雑ではないということもあるのですが。1つの区切りである作業を終えることができたことでスッキリしました。

 

一昨年の10月に本格的に事業を始めましたが、実質独立1年目の決算ということで振り返ってみると、もう少し売上があっても良かったかなとも思いますが、初年度はこんなものでしょう。

まだまだ大した納税はできませんが、胸を張って「納税という社会貢献をしている」と言えるよう、今期は増収増益を目指していきたいと思います。

2010年1月 7日 (木)

コンサルの仕入は、スポーツの筋トレに似ている

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今月から新たな分野のコンサルティングに着手します。

先月、経営者と支援内容の打合せをし大筋で合意をいただいたため今週末からスタートします。

支援内容はひと言でいうと「間接部門の業務改善」

公務員時代、徹底して取り組んできた得意分野なのですが、いささか専門知識を有する業界であり、その知識が不足しています。

このままでは、コンサルティングの現場において現場スタッフの方とやりとりすることができませんし、クライアントから「言葉の説明」を受けるようではコンサルタントとしては失格。

ですので、今、専門書と格闘中です。必要最低限の基礎知識を仕入れた状態で臨まねばなりません。

 

新たな業界や分野の仕事に挑戦することは、自分の引き出しの中に何も入っていないため、事前準備が非常に重要かつ大変なのですが苦になりません。

診断士の勉強をしている時もそうでしたが「仕事に直結する勉強」というのは楽しいものです。

この感覚は、選手時代の「筋トレ」に似ています。

「筋トレ」をしている最中は大きな負荷がかかるためけっこう辛いのですが、試合で勝った時の喜びや達成感があるから、がんばれる。喜びや達成感をイメージしながらやるから楽しくできる。

クライアントからの「ありがとう」のために、そして「これからもよろしく」と言っていただけるように、日々「頭の筋トレ」に励んでいます。

 

スポーツでは、上達にはトレーニングと実践の繰り返しあるのみ。

仕事も同じ。トレーニングと実践の繰り返しあるのみです。

2010年1月 6日 (水)

自分がどう思うかより、人からどう思われるか

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

独立する前、自分自身のポリシーとして「人からどう思われるかより、自分がどう思うかが大切」という価値観をもって生きていました。

しかし独立後は、意識的に「自分がどう思うかも大切だけど、人からどう思われるかの方がもっと大切」と考えるようにしています。

公務員時代、真夏の暑い時は汗まみれのスーツで仕事をするのが嫌で、私服で出勤し、スーツに着替えてから仕事をしていました。

また、残業時、冷房が切れた後はTシャツで仕事をすることもありました。

真冬はスーツの上に、スポーツ用のベンチコートを着て出勤していました。

髪の毛の色や長さに気を配るようなこともしていませんでした。

上司にはよく歯向かっていました(笑)

さすがに、サンダルやGパンで仕事をすることはありませんでしたが、振り返ってみると、あまり人の目を気にする人間ではなかったような気がします。

身なり以外にも、話し方、同僚に接する時の態度など、悪い意味で「尖っていた」かもしれません。

  

独立後、初対面の人からは「穏和」「控えめ」「癒し系」などと言われることが多々あります。

古くから私の本質を知る人にとっては「ありえない」言葉かもしれません。

しかし、意識することで人から受ける印象をある程度コントロールすることは可能です(本質は変わっていないのですが)。

「意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」というアメリカの心理学者の言葉があります。

「自分がどう思うかより、人からどう思われるか」という意識で日々の生活を送るようになってから、少なくとも行動と習慣までは変わってきています。人格と運命までが変わったかどうかは分かりませんが、おそらく「人からどう思われるかより、自分がどう思うか」という意識で生きていた時よりも、周囲に良い影響を与えることができる人間に近づいているのではないかと思っていますし、そうありたいと思います。
 

昨日も、仲間の診断士と「○○に必要とされる人として成長することが大事だよね」という話をしていたところです。

自分が必要とされる人であるよう日々邁進していきたいと思います。

2010年1月 5日 (火)

2010年の目標を手帳にしたためました

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日から本格的に仕事をスタートさせます。

三が日、身体は休暇モードでありましたが、頭はどんな一年にしていこうかを常に考えていました。

昨年はかなり細かく1年の目標設定をしましたが、今年は分かりやすくたった3行で表現できるシンプルな目標(目標というより理念的なものかもしれません)を掲げました。

手帳の1月と12月のページに赤字で大きく書きました。

今年はこの目標を常に意識しながら仕事に取り組んでいくつもりです。

「迷った時、ここに戻ってくれば、決断できる」

そんな文言になりました。

卓越した目標ではありませんが、今の自分に最もしっくりきます。

 

一応、嫁にだけ宣言。

ひと言、「まぁ、がんばってくれ!」と。

もちろん、がんばりますよ!

2010年1月 4日 (月)

緩やかに始動

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

三が日も終わり、正月気分がなかなか抜けないのも困るので、頭を休暇モードから仕事モードへと切り換えようと、今朝は少し早起きをしてPCに向かいました。

本格始動は明日からですが、徐々に身体を慣らしていかなくてはいけませんね。

 

嫁は今日が仕事始めで先ほど出かけていきました。

長男の小学校がまだ冬休みのため、日中は下の娘ともどもゆっくり過ごそうと思います。

仕事に向かうのは夜までお預けです。

2010年1月 2日 (土)

FUNKY MONKY BABYS

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

みなさんは「FUNKY MONKY BABYS」の「明日へ」という曲はご存じですか?

今日、祖父母の家で会ったいとこが「この曲を作曲したのが自分だ」というので驚きました。

確かに作曲者の名前を見てみると本人の名前が。

息子は「サインもらってきて!」と大興奮。

まだ20代。仕事をしながらの音楽活動から手にした成果。がんばっています。

早速、自宅に帰って、iTuneから購入しました。

良い曲です。

ヒーロー/明日へ Music ヒーロー/明日へ

アーティスト:FUNKY MONKEY BABYS
販売元:Dreamusic
発売日:2009/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年1月 1日 (金)

新年の抱負

新年明けましておめでとうございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

本年もこのブログ共々、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2009年は独立初年度であり、いろいろな意味で勉強の年であり種蒔きの年でした。

おけげで、コンサルティングやコーチング、研修講師の仕事に留まらず、営業やコンペ参戦など、多くの経験ができた一年でした。

また、多くの方々との貴重な出会いがあり、家族も含め多くの方々に支えられながら仕事をさせていただいた感謝の一年でもありました。

今年は、自分が多くの方々にgiveできるような一年にしていきたいと思います。

 

さて、去年の年初に掲げた目標ですが、実現できたものもあれば、できなかったこともあります。

しかし、目標を掲げたことで、自分が何に向かっているのか?そして、どの程度実現できているのかが、期中で確認しながら仕事に打ち込むことができましたし、自身の意思決定の基準とすることもできました。

ですので、今年も新年の抱負として目標を掲げます。(昨年はこのブログに書きましたが、今年は自分の手帳に書き記すに留めます。)

この実現に向け、今年も精進したいと思います。

正月三が日は、両親祖父母に孫・ひ孫の顔を見せに回っています。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック