« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月18日 (金)

評価されているのか、試されているのか

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

最近、ありがたいことに自分が「やりたい!」と思っているし発信している分野で、新規あるいはリピート案件の依頼が来ています。

昨年から種を蒔き始め、夏に芽を出し、最近は少しずつ葉を付け始めている、そんな風に感じています。

 

このように仕事のご依頼をいただけていることを、1つ1つの仕事を全力で取り組んだ結果「評価をいただけている」と思いたいところですが、そんなことを考えるのは時期尚早。

まだまだ「試しに使っていただけている」のだと思います。

「いつ切られるか分からない」そんなプレッシャーを感じながらも、成し遂げた時の達成感を求めて、自分が提供できる「最高の価値」レベルを上げる努力を続けていきたいと思います。

2009年12月17日 (木)

自分が提供している価値は何か

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は独立開業研究会に参加をして参りました。

講師は合同会社夢をカナエルの代表社員である福島正人先生。

最近、多くの先輩診断士や講師、経営者の方とお話をさせていただく機会に恵まれているのですが、共通して感じるのが「深さ」です。

懐の深さ、思考の深さ、発言が意図するところの深さなど。

自分はどうか?と振り返ってみると、まだまだ浅い。まだまだ軽い。

 

福島先生のお話の中で成功しているコンサルタントに共通するキーワードとして

「チャンスを引き寄せる力」「深い思考」「他利」

を挙げておられましたが、自分にこれらがあるのか?と考えてみても、意識はしているけれども、できていない。

特に「他利」については、常に意識をしていますが、気が付くと自分目線になっていることがよくあります。

 

また、ここ数日で数名の方から「あなたが提供している価値は何ですか?」と問われました。非常に「深い」質問です。

自分なりの言葉で「自分が提供している価値は○○です。」と説明はできるのですが、何かしっくりきませんし、このブログで表現するには躊躇します。まだまだ思考が足りないのでしょう。

提供できるスキルやサービスは言葉にできますが、「自分が提供している価値」は何か?深く考え言語化する必要がありそうです。

 

独立後は、とにかく考えることよりも行動することにフォーカスしてきました。

但し、これからは「行動を加速するためにも」「深く考える」ことを実践しなくてはなりません。

独立して活躍するということは、そういうことなのだと思います。

2009年12月16日 (水)

若手社員からエネルギーをもらう

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日まで、富士山が見えるところで研修の仕事に携わらせていただきました。

今回私が担当したグループは、マスター卒の1年目社員さん。

1週間という宿泊研修の中の1部を担当させていただいたのですが、若さって良いですね。

自分も診断士の業界の中ではまだまだ若手の部類に入るので、独立後は「若さ」をウリにしている部分が大きかったのですが、やはり新入社員の若さと溢れるエネルギーを前にすると「年を取ったんだなぁ」と思いました。

ある題目を与えて、議論をし結論を導いていただく研修内容だったのですが、とにかく熱い!議論白熱とはまさにこのことでした。

若手が百数十人、1つの施設に集まり、昼夜を共にしながら喧々諤々と熱い議論を交わしていく。社内で行う通常の研修ではなかなかこうはいかないでしょうね。改めて宿泊研修の重要性を感じたところです。

1週間も職場を離れて研修を行うなど、一部の企業にしかできないことかもしれませんが、「企業は人なり」というように教育は最大の投資だと思います。

中小企業の中でも、同業種の若手経営者が集まって同様の研修を開催している業界もあります。そこでは、短期的に戦力が落ちるというデメリット以上に人脈という大きな資産が形成され、後々、大きなビジネスへと発展しています。

新人~若手、マネージャーなど現場で活躍している社員さんにも同様の機会があっても良いと思いますし、長い目で見たら会社の成長につながるものだと思います。

とはいっても、なかなか長期間研修に人を出すことが難しい世の中にはなっていることも事実です。ただ、ちょっと視点を変えてみると、大きなビジネスに発展していく気がしないでもありません。

どんな視点かは・・・ヒミツです(笑)

研修終了後に研修生から言われた、「今回の研修の中で1番でした。めちゃめちゃ楽しかったっすよ!」のひと言が嬉しかったです。

こちらも、若さ溢れるエネルギーをたくさんいただきました!

2009年12月13日 (日)

今日から研修

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

最近更新頻度が著しく下がっています。。。 

 

さて、今日から2泊3日、某大手企業の若手社員向けの研修で富士山の麓に来ています。

東京から電車を乗り継ぎ、4時間弱かけてやってきました。

今日は事前課題の成果物に目を通し、明日のグループ演習に臨みます。

受講生に多くの気づきを与えられるよう、万全の準備をして臨みます。

明日が楽しみです。

2009年12月 5日 (土)

恐るべしインフルエンザ

こんにちは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

娘がインフルエンザになったと思ったら、今度は息子と私が同時に罹患。。。

予防接種、手洗いうがいの徹底、公共交通機関を極力使わず自家用車で移動し、しかたなく利用する場合はマスクと手袋をはめるなど、徹底して外からインフルエンザをもらってこないように気をつけていたのですが。。。

家庭内感染には無力でした。。。

 

いや、今回は酷かったです。娘はタミフルを飲んで1日で熱も下がりケロッとしていたのですが私と息子は酷かった。

発熱、咳、鼻水、頭痛、嘔吐、下痢、考えられる悪い症状が全て出てきてしまいました。

娘は解熱後2日が経過していたので保育園が受け入れてくれたため助かりましたが、妻は仕事だったため、日中は病んだ私と息子の2人だけ。

タミフルを飲んでも一向に熱は下がらないし、かち割れそうな頭痛と吐き気と闘いながらヒィヒィ言いながら寝込んでいる私の真横で「うぅ~ん、うぅ~ん」とうなりながら息子は嘔吐し始めるし、朦朧とする意識の中でフラフラになりながら病院に連れて行くけど良くならないしで、生きた心地が全くしませんでした。

結局、息子の回復が若干早かったものの、火曜日の夜から発熱し始め、3日3晩寝込んで、今朝方ようやく熱が下がりました。結局タミフルは効かなかったんじゃないかと。

今までかかったインフルエンザでも、こんなに長引いたことはありませんでしたし、こんなに辛かったこともありませんでした。恐るべし新型インフルエンザです。

みなさまも、気をつけてくださいね。

 

それにしても、今回は(日中病んだ男が2人家の中にいるのを不憫に思ってくれたのか)近所の方々がご飯をつくって持ってきてくれたりしました。その温かい心に本当に感謝です。

そして、一部の仕事に穴を空けてしまったことに対して、プロとして自己管理の不徹底さを恥じるばかりです。今まで以上に健康管理に留意しなくてはいけません。

今年はもうインフルエンザにかかることはないでしょうが、来年、家庭内感染をどう防いでいくかが課題です。

2009年12月 1日 (火)

とうとう我が家にもインフルエンザの波が・・・

こんばんは。役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

タイトルのとおり、とうとう我が家にもインフルエンザがやってきてしまいました。

下の娘が昨夜から発熱し、本日病院で検査したところ「インフルエンザですね」と。

保育園に通っているため、いずれはもらってくるんだろうなと、覚悟はしていましたが。。。

そこそこ元気はあるのですが熱が結構高いので、ちょっと心配です。子どもが病気にかかると辛いですね。代わってやりたいです。

上の息子は、今のところ平気なのですが、学校から「妹さんが完治するまでは登校しないでください」と言われてしまいました。。。まぁ、そうでしょうね。

ということで、共働きの我が家は今日から交代で子どもの看病に入ります。

方々に迷惑をかけてしまっており、申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、子どもだけを家に残しておくわけにもいきませんし、インフルのウィルスを拡散するわけにもいかないので、どうしても外せない仕事以外は、おとなしく家にいることにします。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック