« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

プロポーザルに参加

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は、とある公的機関が実施する事業のプロポーザルに参加してきました。

今回は金額が金額なだけに、受注ハードルが相当高かったのですが、あえてチャレンジしてきました。

今回はほぼ一人で提案書の作成からプレゼンまでを作成してみました。

プレゼンも最近、場慣れをしてきたせいか、緊張することもなく持っているものは全てを出し切れたと思っています。

一発ホームラン狙いで、かなり尖った内容の提案だったため、これが吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、あとはまな板の鯉状態で、結果を待つのみです。

2009年8月29日 (土)

計画力と実行管理力がある方との仕事ははかどります

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今週は提案書づくりやESコンサルティングで慌ただしく1週間が過ぎていきました。

今年の夏から支援をさせていただいている新規プロジェクトが本格的に動き出しました。

プロジェクトリーダーの方と私のタイプが似ているのか、非常に仕事がしやすいです。

あらかじめタスクを洗い出してスケジューリングをし、期限をきめて遂行してくださいますし、対面で調整をしなくても、電話等でのアウンの呼吸で意思の疎通もできている感じがします。

まだプロジェクトは始まったばかりですが、早くもゴールまでの道筋が描けてきており、イメージの共有も図れています。

設定させていただいた宿題についても、早くも手を付けてくださっており、今後の進捗と成果が非常に楽しみです。

「クライアントの一体感」、これがコンサルティングの醍醐味なのかもしれません。

だた、どんなタイプの従業員の方とも、そのモチベートされる琴線をしっかりと押さえた接し方ができるようになってこそプロフェッショナルと言えるのだと思うので、自分とタイプが似ているとかそういう発想を持つこと自体はナンセンスなのかもしれません。

常に「経営者の視野をもちつつ、現場の視点で変革を共にするコンサルティング」を意識し、真のプロコンを目指したいと思います。

2009年8月25日 (火)

独立・起業セミナー 2ndシリーズ開幕!

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

東京都足立区主催でエキスパート・リンク株式会社が企画運営している「独立・起業セミナー2009 in 東京 EAST」の2ndシリーズが始まります。

2ndシリーズ第1弾は

「利益が出たのに、お金はどこに消えた!?」
~会社にお金が残らない2つの理由、残すためのノウハウとは?~

と題して、中小企業診断士の大石幸紀さんにお話しいただきます。

以下、セミナーの概要をお知らせいたします。

セミナーの内容もさることながら、独立中小企業診断士の主な仕事であるセミナー講師とはどんなものか、見ておきたいという方にも良いかもしれません。

無料セミナーですので、ご興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

足立区主催「独立・起業セミナー2009in東京EAST

「利益が出たのに、お金はどこに消えた!?」

~会社にお金が残らない2つの理由、残すためのノウハウとは?~

 講師:中小企業診断士 大石幸紀 氏

 日時:9月9日(水)午後7時~9時

 場所:あだち産業センター3F産業交流室(足立区千住1-5-7)

 参加費:無料

 内容:

 ■どの商売を選ぶかによってお金の流れがきまる

 ■商売の基本、運転資金について理解しよう

 ■利益とは何か、銀行さんに説明できますか

 ■知らなかったでは取り返しのつかない資金繰り

 定員:20名(先着順)

◆セミナーの詳細・お申込はこちらから

https://sv31.xserver.jp/~keieisodan/ex-link.co.jp/independence_seminar09_2/index.php

◆セミナーチラシのダウンロードはこちらから

https://sv31.xserver.jp/~keieisodan/ex-link.co.jp/pdf/independent_seminar09_02.pdf

2009年8月21日 (金)

売上につながるホームページ作成セミナー

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

  

昨日は、中央区役所主催の経営セミナーに受託事業者として講師と共に行って参りました。

テーマは売上につながるホームページの作成方法について。

小手先のテクニックだけでは、見栄えの良いホームページや検索順位の上位表示は可能ですが、売上にはつながらない。

では、どのようなホームページを作れば、売上アップにつながるのか。

こんな本質的な内容に迫るお話しでした。

 

次回は足立区主催で、同様のお話しを2日間(10月1日・8日)に分けてもう少し詳しく実施します。

ご興味のある方は、エキスパート・リンクのホームページをご覧いただければと思います。

2009年8月17日 (月)

オペレーション・レベルにまで入り込む

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は顧問先の訪問日でした。

当社のコンサルティングに入らせていただくようになって、私がご支援させていただくテーマも、財務を中心とする経営全般のテーマから生産現場のオペレーションに関することにシフトしてきています。

といっても、技術的なことは分かりませんので、業務効率という観点からのお手伝いになってしまいますが。

1つの仕事の始めから終わりまでの流れというものは、製造現場であっても事務作業であっても、基本的には変わらないと思っています。

今日はヒアリングや現場観察を通じて、ボトルネックになっていると思われる工程の察しがついてきました。

次回以降、この工程を中心に現場に入り込み改善の方向性を提案したいと思います。

 

そういえば、「業務の効率化」は役人時代、自分が最も得意とする分野だったことを思い出しました。

自分の強みを活かしたコンサルティング・テーマとしてはもってこいです。

そのためにも、現場の動きをしっかりと把握しておかなくては。

2009年8月16日 (日)

40歳になった時

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

久しぶりに完全オフな休日を送ることができたため、ゆっくり自分自身のことについて思考する時間をとることができました。

といっても、ソファに座ってビールを飲みながらですが。。。

今日、ふと考えたことは、40歳になった時、「自分は何者になっているんだろう?」とうことでした。

自分は今、34歳。40歳まで約5年半。

長男が中学生で長女は小学生になっている。妻も4●歳。3人目の子どもはいないはず(多分)。

 

正直、自分がどうなっているか明確なイメージはでてきません。

コンサルティングやコーチングのクライアントには「ビジョンが大切ですよ!」とか言っているわけだから、自分がこれではいけません。

「こうありたい」あるいは「こうなりたい」という願望はあるのですが、言語化ができていません。

ということで、新たにコーチでも雇って40歳の自分について言語化してみようと思います。(最近、セルフコーチングが機能しなくなってきているので・・・)

 

寝たら忘れてしまいそうなので、備忘録として残しておくことにします。

地元のイベント

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

この土日は仕事が気になってはいるのですが、あえて完全オフにすることにしました。

(最近、土日仕事が多く、家族の視線が冷たいので。。。)

 

昨日8月15日は終戦記念日ということで、私の地元大田区では多摩川河川敷で花火大会が開催されました。

私の自宅が多摩川の目の前ということもあり、毎年、この花火大会は楽しみにしています。

隅田川や東京湾の花火大会とは違い、会場が人でごった返すこともなく、周りを見れば知り合いだらけという、地元ならではの雰囲気の中で、土手に敷物を敷いて、ビールやらつまみやらを買って、仲良し家族と一緒に夏の風物詩を楽しみました。

商店街のお祭りもそうですが、地元開催のイベントは、子どもたちはもちろんのこと、大人も楽しめて良いものですね。

2009年8月14日 (金)

ブレスト・ミーティング

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は新たなコンサルティングの提案書を作成するためのブレストミーティングを開きました。

1人で頭の中でじっくりと考えることも大事ですが、複数人でとにかく声に出して思考を発散させることが、いろいろなアイディアが短時間でたくさん出てきますし、結果として良い提案につながっていきます。

特に私は発散よりも収束型の思考をする傾向があるため、1人ではなく複数人でブレストを行うことが提案内容の精度を高めるためにも重要だったりします。

個人で動いていると、とかく自分だけ思考に陥りがちですが、これがチームで仕事ができる大きなメリットなのかもしれません。

 

しかし、組織に属している方々は、常に思考を発散させることのできる環境にあるわけなのに、このメリットを享受していないような気がします。

独立した個々が集まってディスカッションするだけでも、これだけ多くのアイディアが出てくるのに、組織に属してしまうとディスカッションすらしない。

1人になったことで痛感しますが、1人でできることというのは、思いのほか限られてきます。

せっかくの組織なのだから、もっとチーム力を高めて、高いパフォーマンスを発揮すればいいのにと思わずにはいられません。

こういう状況だからこそ、我々のような組織活性化を支援するコンサルタントが活躍できる場があるのかもしれませんが。

ここに自分のやりがいを求めて、邁進したいと思います。そのためにも、もっともっと自分に磨きをかけていかなくては。

2009年8月13日 (木)

提案書づくり

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は終日自宅に籠もり、提案書の作成に取り組んでいました。自宅ワークは良いですね。(向き不向きはあるようですが)

平日の日中は、誰からも邪魔されることなく作業に集中ができます。

私は学生時代から外(塾や図書館)で勉強するのが苦手で、受験でも塾や専門学校というところに行ったことがほとんどありません。

良い悪いは別にして、それが今の仕事の進め方に影響しているのかもしれません。

 

今日も作業がはかどり、提案書の大枠はできあがりました。あとは細部を詰めて、追加資料を加えるだけです。

ちなみに、私はいつも、提案書や報告書を書く前に、フリーマインドというマインドマップ的なソフトを使って、大枠を固めてから書き始めています。

いきなりパワーポイントなりワードなりで報告書を書き始めるよりも、論旨の一貫性やストーリー性を押さえた上で書き始めることができるため、比較的短時間(といっても数日かかりますが)で提案書をつくれているような気がします。

コンサルティング時のセッションでもプロジェクターにつなげて内容をシェアしながら進めると相互理解が深まるのでお勧めです。

2009年8月12日 (水)

従業員の目線でコンサルに取り組む

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今日は午前中に、先輩かつ仲間である診断士の方と某機関向けの提案書のアイディア出しを行った後、一緒に支援先にコンサルティング訪問に行きました。

先日、診断報告をさせていただいた支援先に対する、今後のコンサルティングスケジュールの調整と、新規プロジェクトのキックオフ・ミーティングを行いました。

新規プロジェクトでは、先方のスタッフの方のご協力をいただいたおかげで1時間程度の打合せで、プロジェクト全体の大枠と次回までのタスクが決まりました。

 

基本的に我々(私)のスタンスは、コンサルタントが主導してプロジェクトを引っぱっていくのではなく、あくまで従業員の方の目線で、彼ら自身が考え、行動し、そして成功体験を積み上げていくことに重きを置いています。

いかに、楽しく、やりがいを持ってプロジェクトに取り組んでもらえるか。そして成果を上げていってもらえるか。コンサルの場面では、そればかりを考えています。

少なくとも今日の打合せでは、ワイガヤ形式で楽しく、プロジェクトのスタートを切ることができたと思います。楽しいプロジェクトになりそうです。次回の訪問が非常に楽しみです。

2009年8月10日 (月)

「金持ち」より「時間持ち」

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

木・金と宿泊研修のオブザーブ、土・日と中小企業診断士1次試験の試験監督に従事していました。 

 

今日は、宿泊研修講師の仕事で、ご一緒させていただいた先輩講師から伺ったお話の中で、非常に共感できるものがありましたので、書き留めておこうと思います。

その方は、数年前に大病を患い、生死の間をさまよったことで、人生観が変わったとおっしゃっていました。それがタイトルにもある「金持ちよりも時間持ち」という価値観の転換だったようです。

私も独立後の日々の忙しさに流され、独立した本来の目的を忘れてしまいそうになります。独立した目的は1つではありませんが、この方がおっしゃる「金持ちよりも時間持ち」という価値観が根底にあることは間違いありません。(全くお金がないのも困りますが・・・)

まだまだ、土日、早朝、深夜と稼働せざるを得ない「金なし、時間なし」の状況が続いていますが、近い将来、この状況から脱却を図らねばなりません。

自分のキャリアビジョンは明確に見えています。あとは実現していくだけ。

今はそのプロセスの中にいると思い、前向きにがんばります。

2009年8月 5日 (水)

経営革新計画

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

最近、企業さんが経営革新計画の承認手続きをお手伝いをする機会に恵まれています。

同計画が承認されると低利融資や中小企業信用保険法の特例で信用保証枠が拡大するなど、様々な支援措置を受けることができます。

自治体により、ハードルの違いが多少あるようで、私がお手伝いさせていただいている自治体さんは若干ハードルが厳しく、なんとか突破口を開くために知恵を絞っているところです。

 

今日は、明日からの宿泊研修のため現地に前日入りしています。(現在ビジネスホテルに滞在中)

来月デビューする研修に向けて明日、明後日とオブザーブで参加します。

しっかり流れを身につけて、来月の本番に備えたいと思います。

新しい仕事なのでワクワクしています。

2009年8月 3日 (月)

コンサルタント冥利につきる

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は、診断士3名で支援をさせていただいているプロジェクトの報告会がありました。

トップや従業員の方のインタビューや顧客、競合をくまなく調査した2ヶ月間にわたる初期調査から、当社のあるべき姿と課題を提示し、今後進むべき方向性を提案してきました。

経営トップとしては、かなり耳の痛いこともあったと思いますが、客観的な立場にある我々コンサルタントからの提言であったからこそ、紳士に受け止めていただいたのだと思います。同じ内容でも社内から出たのでは、「分かっていても、受け入れられなかった」と思います。

ヒアリング等でご協力いただいたスタッフの皆様の声なき声をトップに伝えることが出来、そして受け止めていただけたことに、心底ホッとしているところです。

報告会、質疑応答後にトップが発した「やはり、第3者の目が必要だ」という言葉に、我々コンサルタントの存在意義があるのだと改めて思いました。

そして、最後にいただいた「ありがとう。これからも力を貸してほしい。」という言葉は、本当にコンサルタント冥利につきます。土日深夜と睡眠時間を削ってまで頑張ったかいがありました。感謝の言葉というのは、疲れが吹き飛ぶ魔法の言葉ですね。

 

引き続き、当社のために頑張ろう!とするエネルギーが湧いてきました。

2009年8月 1日 (土)

民間営業の厳しさを知る

こんにちは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日は、先輩診断士とともに、上場企業を含め2件ほど提案営業に行ってきました。

うち1件は、私がメインとなって営業をしてきたわけですが、公的機関への営業と異なり、経営者への営業は人間対人間のガチンコ勝負。

提案内容を見られているというより、石田という人間そのものを見られているということを肌で実感してきました。

そして、自分の営業パーソンとしての「お子ちゃま」具合も思い知ることにも。

知識・スキルだけではなく、経験を通じて人間力も高めていかなければなりません。

自分で仕事を獲ってこられる自立した中小企業診断士になるためにも、営業は避けて通れません。

毎日筋トレ。がんばります。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック