2016年1月 8日 (金)

1月4日 法人成りをいたしました

平成20年4月から、個人事業主として活動してまいりましたが

このたび、株式会社K&Rコーチング・コンサルティングとして法人化いたしましたので、ご報告申し上げます。

関係者のみなさま、引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社K&Rコーチング・コンサルティング

代表取締役 石田 恵介

2012年7月10日 (火)

再び近況

こんにちは。役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

お久しぶりです。

1か月以上ブログの更新をサボっていました。

書こうと思えば書けないこともなかったのですが、最近、書く仕事(本でなく報告書)も多かったものでブログを更新しようという気が全く起きませんでした。

今日は、その書く仕事が一段落したのと、私の近況を気にしてくれている人が結構いるので、筆を執った次第です。

 

近況ですが。。。公私ともに予定パンパンで良い感じです。

ますます人生が楽しくなってきました。

 

仕事は有り難いことに順調すぎるくらいに大量の案件をいただいております。

ちょっとオーバーワークかな、と思う時もありますが、「やりたい仕事」とやっているのでストレスが全くかかりません。

自分で時間をコントロールしている感じもあるので、まだまだ大丈夫。

 

プライベートは、運動する時間が若干確保できなくなっきていますが

4月から再開したフットサルのおかげで、20代後半~30代前半の時の体力を取り戻しつつあります。

平日21時半~23時という時間帯で個人参加ができるところがあるので、週1~2日、夜な夜なボールを蹴っています。

なので、身体はめっちゃ健康。若干筋力は落ちたかもですが、腹は出ていません。

ますます若々しくなってしまったんじゃないかと勝手に思っています(笑)

 

家族との時間は、上半期よりは少なくなりましたが、公務員時代よりは確保できているといった感じです。

来月からは、平日ほとんど家にいないので、厳しくなりそうだけど。

メリハリがあって良しということにしておきます。

 

ということで、心身ともに充実した毎日を送っていますのでご安心を。

次の投稿は、いつになるか分かりませんが、気が向いたらまた投稿します。

フェイスブックでは、時よりつぶやいていますので、できたらアカウントとって友達申請してください(笑)

なんか、特定の人に向けた投稿になってしまいましたが、悪しからず。

ではまた。

 

2012年5月24日 (木)

近況

おはようございます。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

GW明けからバタバタとしており、久々の投稿となってしまいました。

近況ですが、仕事は6月末までパンパンな感じです。

7月は前半に余裕がありますので、ぜひご依頼を(笑)

 

ただ現状、稼働率はそれほど高くなく、前後の行程(特に準備)にかなり時間をかけているため、毎日4時起きといった事態になっております。。

この辺を適当に流してしまうと仕事の質に覿面に出てしまうので、手が抜けません。

ただ、今より稼働率を引き上げる(もっと稼ぐ)ためには、もうちょっと仕事を効率的にまわしていく必要がありそうです。

 

と言いつつ、今期は昨年のリピート案件に加え、新規のプロジェクトにアサインされることが多く、張り切って根詰めちゃっています。

若干の単価アップにも成功しましたので、効率を優先するより、仕事の質を高める方が自分には合っているのかもしれません。

一方、プライベートですが、週1のフットサル&ジム通いは継続中です。

運動するための時間を確保するために4時に起きているといった方が良いかもしれません。

また、自宅ではお酒も飲まないようにしています。早起きできなくなってしまうのでオールフリーで我慢です。

 

とまぁ、かなりストイックな毎日を送っていますが、引き続き、仕事と運動と家族の時間とのバランスに気をつけながらがんばろっと。

と、嫁や子どもたちが起きてきたので朝飯を作りにいってきます。

とりとめもない内容の近況報告でした。

 

今日も充実した一日を。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2012年5月11日 (金)

「おじさん」と「お兄さん」の境目

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

短納期の執筆業務と来週以降のアセスメントの準備作業で、てんやわんやな状況になっています。

今日も終日PCとにらめっこでした。

 

さて、タイトルですが

おじさんとお兄さんの境目ってどこにあるんでしょうね。

年齢でしょうかね。見た目ですかね。

10代、20代の頃は30歳というと「立派なおじさん」でした。

しかし、自分が30歳になってみると「失礼な!まだまだお兄さんだ!」と思うようになりました(笑)

そこで、おじさんとお兄さんの境目を一律に切り分けるのはフェアじゃない!ということで

知らない人から「おじさん」と言われたら「おじさん」、「お兄さん」と言われたら「お兄さん」というのはどうでしょう?

要は、その人から見た自分が「おじさん」なのか「お兄さん」なのか、という基準で判断をすればよいのではないかと。

もちろん、子どもから見れば30歳は立派なおじさん。

しかし、20代や30代から見た30代は「おじさん」に見える人もいれば、「お兄さん」に見える人も。

 

で、何を言いたいかというと・・・

私、37歳になるのですが、あまり「おじさん」と言われることがないんです(笑) 

はい、半分自慢です。すみません。

つい先日も、コンビニのレジで並んでいる際、小さな子どもが割り込んで来た際、その子のママが「こら!お兄さんが並んでるでしょ!」と。

ラゾーナの1Fにあるフードコートでも同じようなことがありました。

 

と、どうでもいいことなんですが、たまに自分を励ましたくなるんです。

「まだまだ、お兄さんでいける!」と自分を勇気づけるお話しでした。

では、良い週末を。

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2012年5月10日 (木)

繁忙期に突入

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

久々の更新となってしまいました。

実は、GW明けから急な仕事の依頼が入ったりで繁忙期に突入しています。

あまりの繁閑の差に身体がなじめていなかったります(汗)

今日も朝から晩までPCにかじりつき。

年末にかけてアセスメントと研修のお仕事を中心に新規の案件をたくさんいただいているので、しばらく忙しくなりそうです。

ありがたいことです。

さて、頑張って稼ぎましょう。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

 

2012年5月 5日 (土)

GW後半戦は家族旅行

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

2日~5日まで家族で大阪旅行でした。

2日~4日まではUSJに、5日は天王寺動物園に行き、先ほど帰宅しました。

今回はPCを持って行かなかったのでブログも未更新でした。

 

USJは2日、3日はそれほど混雑していませんでしたが、4日はTDL並の混雑ぶり。

がんばって、130分待ちの行列に子どもたちと並んできました。

天王寺動物園は上野動物園に雰囲気が似てたかな。

コアラが可愛かったです。

子どもたち最優先の家族旅行。思う存分楽しめたんじゃないかと思います。

 

GWも残すところ1日ですね。

休みが明けたらお仕事再開します。

明日は連休で摂取したカロリーを消費すべく私はフットサル。息子はダンスのイベントに参加です。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2012年5月 1日 (火)

飲み語り

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

GWは早くも前半戦が終了してしまいましたね。

我が家のGW前半戦は、嫁の仕事があったりで、近場をぶらぶらとしながら、まったりと過ごしていました。

 

で、GW中日の今日は、前職の先輩との飲みでした。

公務員には珍しい(失礼か?)仕事に情熱を持ち、自己啓発にも精を出している尊敬すべき先輩です。

年に数回、情報交換がてら飲みに付き合っていただいてます。

今回は、今月末に開催するセミナー(役所から仕事を受注するポイントをお話しします)ネタ集めというかレクチャーをお願いしました。

発注者側の生の声をいただいてきたので、参加される方はご期待くださいませ。

 

さて、数ヶ月ぶりに前職を訪れたのですが、退職して4年以上経ちます。

が、以外と私の事を覚えてくれている方がいて、顔を見ると「お!久しぶり!」と声を掛けてくれる人がたくさんいたのが嬉しかったです。

中には、「あれ?今どこにいるんだっけ?」とか「都に出向してるんだっけ?」と退職したことを知らない方もいましたが、気づかれなかったり、「誰だっけ?」と言われるよりはいいですよね。

私という存在を覚えていてくれていることが嬉しいです。

 

いつか、何かしらの形で恩返しができたらいいな。

 

さて、飲みですが相変わらず熱く語り合ってきました。

そして、いつもごちそうになってしまっています。

利害関係がない人と飲むのは楽しいですね!

本音で語り合うことができます。

楽しいひとときをありがとうございました!

次回は夏休みですかね。また飲みましょう!

 

さて、明日からは家族で大阪旅行です。

いつもながら目一杯遊んできます!

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2012年4月28日 (土)

今年も育てます

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

今年も、これ育てます。

Ncm_0005

そう。カブトムシ。

毎年、どこかしらか幼虫をいただいてきます。

去年は雄が2匹。

一昨年はクワガタだったような。

今年はどうなんでしょ。

 

ちなみに私、大の虫嫌い。

夜行性のカブトムシ、夜な夜なバタバタと立てる羽音が気味悪いんだよなぁ。。。

寝床からは遠ざけておこう。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2012年4月27日 (金)

モチベーション・マネジメント タイプ1から

こんばんは。 

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

前回の記事で、「自分自身が仕事にやりがいを持って、イキイキと働く」あるいは「人が仕事にやりがいを持って、イキイキと働くサポートをする」ためには、「人の動機の源泉」つまり「内的動機」を理解することが必要だということを書きました。 

ただし、「内的動機」といっても、それは十人十色。 

「仕事に対し、お金以外で重要視することは何ですか?」という質問を投げかけたとしても、その答えは「自己成長」「人間関係」「人からの賞賛」「自己判断と権限行使」「安定感」・・・とさまざまですよね。 

一人ひとりの内的動機を丁寧に探っていくことは有意なことではありますが、何かしらのフレームワークがあるとより便利ですよね。 

そこで、内的動機を探るためのフレームワークとして「エニアグラム」を活用することにします。

エニアグラムとは、人の性格の9つのタイプに分類したもので、コーチングでいうところの「タイプ分け」のようなもの。あくまで「傾向」を知るためのツールであって、人の性格を決めつけるためのものではないことは言うまでもありません。

なお、9つの分類をウィキペディアから引用してみますと

 タイプ1 批評家:職人。完全主義者。鑑識力が高い。神経質。融通が利かない。

 タイプ2 援助者:人助け。細かい気遣い。八方美人。人を操作したがる。

 タイプ3 遂行者:成功。計画実行。行動的。人を駒のように扱う。

 タイプ4 芸術家:天才。孤高の志士。一番病。ナルシスト。

 タイプ5 観察者:博士。分析屋。内向的。皮肉屋。有益性を重んじる。

 タイプ6 忠実家:安全第一。石橋を叩いて壊す。新しい物事への拒絶。

 タイプ7 情熱家:楽天家。好奇心旺盛。自由人。飽きっぽい。

 タイプ8 挑戦者:唯我独尊。理想主義者。自信家。他人に操られるのを嫌う。

 タイプ9 調停者:平和主義者。器用な経営者。葛藤を嫌う。逃避。怠慢。  

ここで、ご家族や友人あるいは上司や部下など、誰でも良いのでどなたか一人を思い浮かべてみてください。上記の9タイプのうちのどこか1つに当てはまるのではないでしょうか。

そこで、上記のエニアグラムを活用しながら「やる気を高める」という観点で、どのようなアプローチが有効か?を探ってみることにします。

なお、あくまで私見ですので、その辺はご留意を。

 

まず、タイプ1。

ウィキペディアでは、「批評家:職人。完全主義者。鑑識力が高い。神経質。融通が利かない。」と書かれていますが、アニメ「巨人の星」の「星一徹」をイメージすると分かりやすいと思います。

 

 良く言えば、「真面目で責任感があり、何事にも一所懸命」

 悪く言えば、「融通が利かず、寛容さに欠け、何事にも批判的」

 

こんな人が自分の身の回りに、9人に1人はいるそうです。

では、このいわゆる「職人気質」のタイプ1のやる気を高めるにはどうしたら良いか?

まず、「起動」させるアプローチから見ていきます。

 

他人に何かしらの行動を起こさせる(起動させる)ためには、動機の源泉にアプローチすることが最も有効ですので、タイプ1の動機の源泉を見てみます。

書籍などでは全般的に「あるべき姿に向かってベストを尽くしたい」「あるべき姿から外れたくない」ということが書かれています。

私自身もタイプ1の要素が一番強く、「ベストを尽したい」という点はとっても頷けます。

ただし、ここでいう「ベスト」とは「周囲が期待するベスト」ではなく「自己納得」が強いのではないかと思います。

いくら周囲が「ベスト」と判断しても、自分が納得したものでないと「ベスト」とは認めない。

スポーツなどでは、試合に勝つことより、自分が納得できるプレイが出来たかどうかの方が大事だったりします。

妥協ができず、「まぁ、この辺で」という安易さが許せません。自分に厳しく人にも厳しいし、ストイックです。「やりたい」よりも「しなければならない」の方が頭を擡げてきてしまいます。

だから、責任感が強く、物事を完璧にやり遂げようとしますし、より良い成果が出るなら時間と労を惜しみません。また、失敗しないように、用意周到に準備をするのも特徴かもしれません。

 

逆に、些細なことにこだわり、「木を見て森を見ない」状態になりがちです。自分がこだわっているほど、人はこだわっていないということに気づきません。考えに考え抜き、推敲を重ねて書いた文章も、第三者から「え?どこが変わったの?」と言われることがしばしばです。

そのため、無駄に時間をかけてしまう傾向があります。また、ミスや問題といったネガティブな側面にも目がいきがちなため、批判めいた態度に出てしまうことがしばしば。「何でいつも怒ってるの?」と言われたりします。

 

そんなタイプ1の「起動」を促すための有効なアプローチで考えられるのは

 ・問題解決、業務改善、組織改革など、現状とあるべき姿とのギャップの解消を意図した仕事を任せること

 ・ゴールを提示したら、達成のプロセスは本人の創意工夫に任せること

 ・成果を出すまでの時間を十分に与えること

逆に、カチン!ときたり、やる気を削がれるアプローチは

 ・「適当にやっておいて」とか「そこそこでいいよ」という「いい加減」なアプローチ

 ・「あれ明日までにお願い」とか「これ最優先。今すぐやって」という考える暇を与えないアプローチ

 ・信頼していない人からのアプローチ

他にもあるとは思いますが、ひとまずこんな感じ。

 

「今ある望ましくない現状を、あなたの力で何とか改善してほしい!」と言われると「よっしゃ!やったるでー!」という気分になるのではないでしょうか。(少なくとも自分はやる気が出る)

逆に、「適当で良いよ」とか言われると、やる気が萎えてしまいます。

また、「転ばぬ先の杖」ではありませんが用意周到な準備を施すので、「時間が足りない」ことへの不満を人一倍持つ傾向があると思いますので、成果までの時間は十分に確保してあげると良いと思います。

さらに、比較的、人の好き嫌いがハッキリしているため、「お前に言われたくない」と思ってる人からのアプローチは、それだけでやる気が失せてしまいます。

特に、言動不一致で不誠実な人が大嫌い。上司に当たる人は信頼に耐えうる振る舞いが必要です。

 

書き足りないけど、長くなっなきたので今日はこの辺で。

次回は、「行動を持続させるためのアプローチ」や「組織と個人のベクトル合わせ」という観点から、続きをまとめてみたいと思います。

考えをまとめるのって以外と大変。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

2012年4月25日 (水)

集中力

こんばんは。

役人コーチこと中小企業診断士の石田恵介です。

 

昨日・今日と一日自宅に籠もりセミナーのテキスト作成に勤しんでおったわけですが、集中して取り組んだ甲斐あって、テキストがほぼ完成しました。

しばらく寝かせて見直し、ブラッシュアップをかければOK。

週末までかかると思っていたけど、我ながら驚くほどの集中力(笑)

昔からスイッチが入ると時間を忘れて1つのことに没頭することができるようです。 

この調子で次のタスクにも取りかかるかな。

 

K&Rコーチング・コンサルティング 中小企業診断士 石田恵介

«ゴールデンウィークの予定

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック